メコンの流れのように

多様な価値観、1つの世界

ラオスの仏教僧の備忘録(出家7~8日目:ラオスの仏教を支える正体に関する考察)

f:id:laomekong:20170713191352j:plain

 

サバイディーສະບາຍດີ

どうも、ラオスの仏教僧ジーコです。

 

出家生活を始めて1週間が経ちました。

 

この生活にもだいぶ慣れてきました。

これまでは事前に知識を入れ過ぎずにお坊さんたちの生活を観察することに重きを置いていたのですが、これからの残りの生活ではラオスの仏教の知識・理解を深めることに重きを置いていきたいと思います。

 

ということで、こんな本を読み始めました↓

 

静と動の仏教 (新アジア仏教史04スリランカ・東南アジア)

静と動の仏教 (新アジア仏教史04スリランカ・東南アジア)

  • 作者: 奈良康明下田正弘【編集委員】,林行夫【編集協力】
  • 出版社/メーカー: 佼成出版社
  • 発売日: 2011/01/27
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

出家をする2日まえにカフェに行ったら丁度この本を見つけて貸していただきました。

 

この本によると、

f:id:laomekong:20170713192918j:plain

 

ラオスの2006年の約人口580万人に対して、お坊さん(僧侶と見習い僧を合わせて)の数20,192人でラオスの全人口にして0.03%の人がお坊さんです。

 

他の国と比べるとラオスのお坊さんは少ないように見えます。

それもそのはず、実際ラオスは多民族国家で49の民族がいると言われています。

基本的に仏教を信じているのは人口の6割を占めるラオ族です。例外もあり

そして、そのラオ族がラオスの国土約2割しかない平野部に集住しています。

そのため、旅行などでラオスに来るととても寺院が多く感じますが、山間部に行くとほとんど見られません。

山間部の民族にはそれぞれその民族独自の精霊信仰があるからです。

 

ラオスは仏教国という風に思われがちですが、実はとても多様な信仰があり、ラオス国家も信仰の自由を謳っています。

 

ということで、ぼくがここで語る『ラオス』は仏教信仰を中心としたラオ族におけるラオス社会を指していることが多々あるかと思います。その点を考慮して読んでいただければと思います。

 

また、今後、新しい情報や知識を得ることで、これから書く考察が変化していく可能性は大です。しかし、1週間経った現時点における『ラオスの仏教』について書きたいと思います。

 

 

ラオスの仏教を支える正体に関する考察

 

まず最初に質問です。そして、正体の答えに繋がる質問です。

ラオスでお坊さんになる人はどんな人だと思いますか?

 

そんなの『仏教を熱心に信じている人』に決まっているじゃん!

 

と思った方、

残念ながら仏教を熱心に信じて自発的にお坊さんになる人は本当にごくごく少数です。

 

では、ラオスではどんな人がお坊さんになるのかというと、

圧倒的に多いのが「両親が貧しくてお寺に来た子」だそうです。

また「両親が離婚して預けられた子」など、何らかの家庭の事情があって、半ば強制的にお寺に連れてこられそのままお坊さんとなることがほとんどらしいです。

 

考えてみれば、小学生や中学生のときから仏教熱狂的信者になり、坊さんに自らなりたいと思う方がおかしいですよね。

 

ぼくのいるお寺には現在47人のお坊さんがいます。(僧侶と見習僧を合わせて)

そしてその内3~4人だけがビエンチャン出身であとは県外のお寺から移ってきたお坊さんです。

 

なぜ彼らは、県外からビエンチャンに移ってくるのかというと『学校(大学)に行くためです』。

ラオスにはサンガ学校というお坊さんのための学校があります。

そのサンガ学校は基本的に学費は無料で、かつ、英語、数学などの一般教育も受けることが、卒業すると普通の学校と同じ学位(学歴)となり、卒業後の進路も制限されません。

2007年のデータでサンガ学校は大学2校、高等学校11校、中学校33校、小学校12校あるとされています(OPSSL:2008)。

 

しかし、やはり地方ではサンガ学校数がなく、勉強ができなってしまうため、多くの若いお坊さんビエンチャンに移ってくるのです。

 

 

また、ルアンパバーンは街全体が世界遺産となっており景観や伝統を壊さないために戒律が厳しくなっているとのことです。そのため、お寺によっては出家したまま、女性のいる共学の学校に進学するのを禁じているお寺もあるそうです。

しかし、ビエンチャンのお寺の多くは共学の学校(サンガ学校ではない学校)への進学も許されています。

 

そのため若い10代~20代前半のお坊さんがビエンチャンに来るわけです。

実際のうちのお寺もほとんどが中高校生から大学生ばかりです。

そのため、一緒に生活してみてわかったことですが、お寺は修行の場というよりは、学生寮という雰囲気があります。

 

 

ビエンチャンの多くのお寺はそのような場所となっている可能性が高い思われます。

 

そんなわけで、

修行する前日に書いた記事では、ラオスのお寺は貧しい子の受け皿的役割を果たしてると書きましたが、それは本当だったようです。

laomekong.hatenablog.com

 

しかし、

単純にお寺が貧しい人を助ける受け皿という認識は甘かったようです。

 

結論を言えば『ラオスの仏教は貧困層によって成り立っていると今の段階では思うようになりました。

 

どういうことかというと、

 

親が貧しくて学校に行けない

仕方なくお寺に行くしかない

仏教の教えを覚える

仏教を教えに共感する

お坊さんとして生きていく

 

という流れで、生涯お坊さんとして生きていく人が出てくるわけです。

 

もし貧困層がいないとその流れが崩れてしまい、お坊さんがいなくなってしまします。

そうなるとラオスの仏教は衰退していってしまうでしょう。

 

つまり、

「ラオスの仏教が貧困層を支えている」という一方通行ではなく、「貧困層がラオスの仏教を支えている」という側面もあるということです。

 

もちろん、それができるのはラオ人の仏教への信仰があるからこそですが。

 

貧困層も富裕(中間)層もお互いに依存しあって、支えあっているわけですね。

 

以上が、1週間経ってぼくが見聞きして、見えてきたラオスの仏教の現状と考察です。

 

 

では、また。

ラオスの仏教僧の備忘録(出家6日目:お坊さんの1日の過ごし方)

f:id:laomekong:20170712175216j:plain

 

サバイディーສະບາຍດີ

 

どうも、ラオスの仏教僧ジーコです。

 

出家生活が始めり6日が経ち、大体のお坊さんたちの1日の流れが分かってきました。

 

基本的にはこんな感じ↓

 

3:30    起床の鐘 (大体鐘の鳴る前に起きてる)

3:30~   朝のお経の準備(水を浴びたり、袈裟を着たり)

4:00~4:40(5:00) 朝のお経(約20分のお経と約15分の瞑想 ※日によって1時間やる時もある)

4:40~6:00 托鉢までの朝のひと時

6:00~6:20 托鉢

6:20~6:30 朝食の準備

6:30~7:00 朝食

7:00~11:30 自由 (学生は学校へ ※現在学校は雨季休み中)

11:30~   昼食

12:00~18:00自由(お寺の掃除含む)

18:00~18:30(19:00)夜のお経(※日によって長い時もある)

18:30~      自由時間

20:00~21:00 就寝

 

およそこんな感じです。

出家を始めた最初の数日はカオパンサーの儀式などで忙しかったけど、たぶん行事がないときは普段こんな感じ。

カオパンサー中だからもっと日中も瞑想とかをやっているのかと思っていたけど、今のところそれもなさそう。(だけど、ラオスのことだから突然何かを始めそうな気もする。)

 

ということで結構というか、全然自由時間があります。

しかし、聞いたところによると、昼も瞑想をやっているお寺があるらしいので、機会があれば行ってみたいと思います。

 

 

では、今はその自由時間を何に使っているのかというとお経を覚えたり、仏教の本を読んだり、お坊さんとお話をしたりして過ごしています。

 

今一生懸命に覚えているのが、托鉢で信者から物を頂いた後に唱えるお経です。

それがこちら↓

youtu.be

クバー(僧侶)ニーさんにお経を読んでもらい録音しました。

これをもう何十回聞いたことか…。

まったく意味が分からずに(パーリ語なので)音だけで覚えるのって難しいですね…。

 

 

ちなみに、今日で4回目の托鉢だったのですが、段々裸足で道を歩いても痛くなくなってきました。

また、痛くなくなってくると前まで下ばかり見ながら歩いていたのが前を向いて歩けるようになり、今まで見えなかった多くのものが見えるようになってきました。

 

何事も足元の小さな痛みや悩みに気を取られていては、自分の周りに広がっている面白いものに気づけないってことでしょうかね。

 

しかし、今まで足が痛くて変なところに力を入れながら歩いていたせいで変に足が筋肉痛になってしましました…。

 

加えて、お経を読むときは正座なのでそのせいか背筋も筋肉痛です。

 

慣れないない筋肉を沢山使っています…。

 

けど、正座は結構長時間も平気な方でラオ人僧侶たちが途中で足を崩す中、ぼくは基本的にずっと正座のままで居れます。

 

ちなみにそのときに読むお経はこんな感じです(ちなみに日によって少し違います)。↓

youtu.be

 

実際のお経を録音してyoutubeにお経をアップしたので、今後ラオスで出家を考えている人は、どうぞお経を読む練習にお使いください。

 

 

ではまた。

ໂຊກດີ

 

 

ラオスの仏教僧の備忘録(出家5日目:まさかのビエンチャン観光!?)

サバイディーສະບາຍດີ

 

どうも、ラオスの修行僧ジーコです。

 

今日も3時過ぎに起きて、4時からの朝のお経を読み、6時から托鉢へ行き、托鉢から帰ってきて、朝食を食べ終えて7時頃に 

日本語学科の学生であるクバーのカムラーさん(ぼくがこのお寺に来れるようにしてくれたお坊さん)が

「今日、タートルアンとパトゥーサイとワットシェンクアン(ブッダパーク)に行きませんか?写真を撮ってFacebookのプロフィールにすると良いと思いますよ」と一言。

 

この3つはビエンチャンを代表する観光地です。(いや、ビエンチャンには観光地という観光地はこれくらいしかないと言った方正しいかも…笑)

 

いづれも過去に何回も行ったことのある観光地だったので、最初は「まぁ行くか。せっかく誘ってもらったのに行かないのもなぁ。」くらいの気持ちでした。

 

3~4人くらいで行くのかな~?と思っていたら、

まさかの11人!! 

 

みんなそんなに行きたいの!?!?

 

と、思っていたら、このお寺には大学に行くために県外から移ってきたお坊さんが多くいるようで、まだ行ったことがなかったらしいです。

だからみんなとてもワクワクしている様子でした(笑)

 

そして、ミニバンに11人を詰め込んで乗り込み、

まず最初にラオスのシンボルにもなっているタートルアンにGO!です。

f:id:laomekong:20170711173136j:plain

タートルアンに着くと我先に門を入って行きます。

 

ちなみに坊さんの入場料は今回行った3カ所とも無料でした。

(ラオスのお坊さんの優遇はすごいですね…)

 

タートルアンは仏陀の遺骨が納められているとも言われ(定かではない)、仏教的にとても大切な場所です。

 

そんな場所でみんなで記念撮影!

f:id:laomekong:20170711173308j:plain

 

f:id:laomekong:20170711173405j:plain

みんな、、、もうちょっと微笑んで…笑 

 

 

続いて向かったのがラオスの凱旋門ことパトゥーサイ。

 

パトゥーサイはビエンチャンの中心部に位置し、上に登るとビエンチャンの市内を一望することができます。

 

そんなパトゥーサイの前でパシャリ!

f:id:laomekong:20170711173534j:plain

 またもや、怖い顔のみなさん…。

 

ちなみにぼくがどこにいるかわかりましたか?笑 

 

 

そして最後に行ったのが、ブッダパーク。

 

ブッダパークと言うだけあって↓このように仏陀の像が沢山あります。

f:id:laomekong:20170711173739j:plain

ブッダパークと言うものの実は、仏教とヒンドゥー教が混じった独特の石像があり、ここに来たときはいつも変な写真を撮って遊びます。笑 

 

こんなの下や、

f:id:laomekong:20170711220629j:plain

 

こんなの↓

f:id:laomekong:20170711220950j:plain

 

最後にお世話になってるカムラーさんと↓

f:id:laomekong:20170711173854j:plain

 

 今日は完全に小旅行でしたね。

 

しかし、修行中だからって楽しんでいけないってこともないでしょう。

 

厳しいだけが修行ではないでしょう。

日々の中に、楽しみの中にも、遊びのにも、学べることは沢山あります。

 

『仏教僧』という言葉のイメージで、お坊さんは楽しんではいけないようなイメージを僕自身も持っていましたが、そんなことはない。

これも1つの気づきです。

言葉のイメージによって、勝手に人や物事を判断してしまうのは、その人やその物事の本質を見ていないということです。

 

曇りなき眼で見定めたいものですねぇ。。。

 

 

では、また明日。

ໂຊກດີ

 

 

ラオスの仏教僧の備忘録(出家4日目:朝4時からの経読)

f:id:laomekong:20170710160052j:plain

 

サバイディーສະບາຍດີ

どうも、ラオスの仏教僧ジーコです。

 

なんだかんだでもう4日目ですね。

だんだん他のお坊さんたちとも打ち解けてきました。

ちなみにこのお寺での外国人受け入れは初めてらしいので、本当にリアルのラオスの仏教僧ライフだと思います。しかもビエンチャンの中心街から車で10分以上かかる場所なので観光客の外国人がこのお寺に来ることもまったくありません。

 

ある意味『こんなところに日本人』に出れるくらいですよ。(取材まだですか?笑)

 

 

さてさて、カオパンサーが巷ではスタートしているようですが、うちのお寺では昨日の夜が正式にカオパンサーの儀式を行ったみたいでした。

この儀式に出るとカオパンサー中の3ヵ月間は出家(修行)を止めることができないとのことで、ぼくは19日間だけの出家なのでその儀式には参加してはいけないと言われ、儀式を見ることが出来ず…。

 

そんなわけで、正式には今日からがカオパンサーの本当の修行の始まりだったわけです。

 

そして、今日は何をしたかというと、、、、

 

とりあえず、まず、朝3時起きました。

シャワーをして、袈裟を整えて、

そして、4時から朝のお経50分読み、瞑想10分のきっかり1時間して、

 

今度は6時から托鉢に出かけます。

 

ちなみにどんなのをお経を読むかというとこんな感じ↓

f:id:laomekong:20170710162618j:plain

太字がパーリ語の読み方がラオ語で書いてあって、その下にラオ語訳が書いてあります。

 

なんて読むかというと…

 

アラハン サムマサムプットー パカワー

プッタン パカワンタン アピワテーニ

 

という具合です。

 

まぁまったくわかりませんよね。

けど、実際に聞いてみるとどこか日本のお経と同じような響きはあります。(近いうちに音声をアップしたいと思います。)

 

こんな暗号を50分読み続けていたのですが、なんだかんだであっという間に過ぎていったように思います。

もちろん脚は痛くてたまらなかったですが、、、。

 

ちなみにお経を読む本堂は最初の写真です。

で、中はこんな感じ↓

f:id:laomekong:20170710163835j:plain

 

ラオスには?(上座部仏教には?)お坊さんには3種類あります。

1番偉いのがもちろんお寺の和尚さんですね。

そして、20歳以上の何年もお坊さんをやっているベテランのお坊さんのクバー(ຄູບາ)と見習い僧のチュア(ຈົວ)です。

 

もちろんぼくは20歳以上ではありますが見習い僧のチュアジーコです。

 

お経を読むときは一番前の真ん中が和尚さん、それ以外の前列の座布団が置いてあるところにはクバーが座り、後ろの御座には見習い僧たちが座ります。

 

そんな感じで階級によって少し扱いが違うわけです。

 

チュワの中には僕のように短期間だけの出家をする大人も多くいます(40~50歳くらいの人も中にはいます)。

 

そんなわけで、お寺には様々な年齢の方がいて、様々なバックグラウンドの方がいて、しかし、ブッダの前では等しく皆修行者であり、そこにはお互いへの尊敬があるように感じます。

 

少し協力隊にも似ていますね。

協力隊も色々な年齢の色々なバックグラウンドを持った人たちが同じ志しを持ってそれぞれの任地で国際協力を行う。

 

 

最初はどうなるか少し不安でしたが、そんなお坊さん同士の関係があり、今はとても居心地が良いです。

 

だが、まだ15日…。

そろそろお腹を壊さないか心配…(苦笑)

 

 

ではまた。

ໂຊກດີ

ラオスの仏教僧の備忘録(出家3日目:初めてのたくはつ♪)

f:id:laomekong:20170709181630j:plain

 

サバイディーສະບາຍດີ

どうも、ラオスの修行僧ジーコです。

 

今日は遂に、早朝に裸足で托鉢に行ってきました。

托鉢についてはこちら↓

laomekong.hatenablog.com

 

托鉢は朝6時にお寺を出ました。(お寺によって托鉢の時間は違うようです。ビエンチャン中心部のお寺は5時頃です。)

このお寺からは2つのルートがあるらしく、10数人の托鉢グループに分かれて町に出ます。

 

ちなみに托鉢にはいくつかルールがあるらしいです。

・歩き方は自然に。腕は振りすぎない。

・裸足

・入れ物(バード)は右肩にかけて、食べ物を貰う時は、軽く屈んで、右手で蓋を開く。そして、左手はそえるだけ!

・ものを貰ってもお礼は言わない。

などなど…本当はまだまだあるらしいです。

 

こんな感じですね↓

f:id:laomekong:20170411191505j:plain

(さすがに写真は撮れなかったので、今度、友達に撮りに来てもらいます。)

 

普段裸足で歩くことがないので、痛いのを我慢しながら約20分程度歩きました。その間に信者のグループが7グループほどから食べ物を頂きました(全員で15人くらい)。

 

そして、お寺に戻ってくると、頂いたもので朝ごはんです。

f:id:laomekong:20170709172628j:plain

(↑朝ごはんの写真を撮り忘れたので、実は昼ご飯ですが大体同じなので…汗)

 

頂いたおかずと、自分のバード(いれもの)に入れられたカオニャオ(もち米)を食べます。

 

ちなみに、バードの中はこんな感じ↓

f:id:laomekong:20170709173048j:plain

(朝ご飯後に撮ったので、カオニャオは少し少な目になっています…)

 

お金やお菓子なども一緒にいただきます。

 

ちなみに、これらのお金やお菓子をどう使うかは、貰った個人の自由です。

(ぼくは普段お菓子は基本的に食べないので、近所の子どもにあげます。)

 

 

では最後に、托鉢の感想を…

 

・コンクリートの上は足が痛いが、土の上は痛くない。

・結構道路はきれいで変な物を踏む危険性はなさそう。(たぶん托鉢のルートだからしっかり掃除されているのだと思う。)

・他人からもらえるから、他人にあげれる。

 

【最後の赤字について少し解説】

 

日本って、物をあげたり貰ったりするのって結構気を使いますよね。

「人様に何かをいただいたら必ずお礼を言いなさい!」なんて、ぼくも子どものころよく親に怒られたものです。

 

しかし、もちろん、お礼は大切なのですが、

「…なさい!」「…しなきゃいけない」って考えが先に来てしまい、他人からものを貰うことを申し訳なく思ってしまう節があるように思います。

だから、ものをあげる方も何だか気を使ってしまい、ものをあげたり貰ったりするのが難しくなっているように思います。

 

それと同じように、日本は自分のものや他人のもの、~所属のものといったように、所有権(所属物)をすごく気にしているように思います。

(最近も公費を公私混同するな!みたいなニュースがありましたよね?←これはまた別の問題も含みますが…)

 

ここでやはり思うのは仏教の教えの『諸法無我』(自分のものはない。すべての存在に主体はない。という考え)ですね。

 

 

誰かにものをあげる行為に慣れるって結構大切だなーって思います。

それを坊主になって、お菓子を子供たちにあげて練習できて、本当に良かったです。

大した額でない物でもあげるって行為は僕にとっても結構勇気がいることでしたから。

 

ちなみに、お寺に来ていただければお菓子をいくらでもあげれますので、ラオスにいる方は是非、僕のお寺にお越しください。ぼくにあげる練習をさせて下さい。

あと皆さんも托鉢であげる練習をしてみませんか?

 

ではでは、また明日!

ໂຊກດີ

 

P.S.ツイッターの方がリアルタイムでリアルな思いをつぶやいているのでTwitterフォローをオススメします。

ラオスの仏教僧ジーコ (@laolaos_koji) | Twitter

ラオスの仏教僧の備忘録(出家2日目:カオパンサーの日)

サバイディーສະບາຍດີ

 

どうも、ラオスの修行僧ジーコです。

 

仏教僧になって初めての朝を迎えました。

 

昨日は10時には部屋の電気を消したものの、興奮してかなかなか眠れませんでした。

しかし、やはり僧侶の朝は早い!

4時に一緒の部屋に寝ているクバーニーさん(ラオ語で僧侶がクバーでニーがその方の名前)が起きたので、ぼくも起きました。

 

クバーニーさんは、起きるとすぐにシャワーに行き、帰ってくると瞑想を始めました。

 

「さすが、本物の僧侶!!ぼくもはやく正しい瞑想のやり方を教えてほしい!」感動。

 

しかし、見様見真似でやっても大した効果はないと思い、ラオ語の仏教の説明書を読んで朝を過ごしました。

 

 

それはそうと、今日はカオパンサー(入安居)の日ということで朝のお経はなく、托鉢しに町に出ることもなく、

カオパンサー用の托鉢の準備でした。

f:id:laomekong:20170708220352j:plain

こんな感じで、お供え物をいれる入れ物を机に並べます。

ちなみにこの入れ物の数はこのお寺にいる僧侶の人数と同じで47個並べてあります(もちろん僕はこのお寺の47人目僧侶)。

 

7時になると地域の住民がぞろぞろと托鉢をしにやってきました。

f:id:laomekong:20170708221759j:plain

入れ物はあっという間にお供え物でいっぱいになって、我々坊主は入れ物を入れ替える作業で大忙し…。

 

ちなみにお供え物の基本はもち米(カオニャオ)とお菓子とお金です。

 

そして集まったお菓子はこんな状態に↓

 

f:id:laomekong:20170708222117j:plain

軽く100キロ超えてますね…

 

カオニャオとお菓子とお金は別々で集めて、カオニャオはその日のお昼ご飯に、お菓子は僧侶に均等に振り分けられ、お金は1つに集めて寺の修繕費等に充てられます。

 

そして、1人分に振り分けられたお菓子がこんだけ↓

f:id:laomekong:20170708222935j:plain

 

さすがにこれは1人では食べきれない…。

 

と思っていたら、これは知り合いなどにもあげていいらしく、

それを知っている近所の子どもたちがハロウィンのように「お菓子ちょーだい!」と集まってきました。

 

とりあえず、ここまででまだ午前中のお話…。

 

朝4時から起きていると、1日がめちゃくちゃ長く感じて、今日が2日間あったかのような感覚です。

 

午後からはゆっくり過ごし、

 

そして、夕方です。

 

夕方のお経を読み終えると、今日はカオパンサーの日ということで、『ビエンティアン式』という、ロウソクを手にもって本堂を3周するという儀式がありました。

 

お経読んでいる途中に外でロケット花火の音がする思ったら、この儀式の前に近所の子どもたちが火遊びをしていたのかと納得。

 

f:id:laomekong:20170708224307j:plain

こんな感じで、歩いきました。
中心街のお寺で見たことのあったビエンティアン式はもっと厳かな感じだったのですが、少し田舎だからか、ゆったりとわいわいした雰囲気の中で行われました。

そして、さいごに記念撮影。

f:id:laomekong:20170708224351j:plain

最年少の小坊主が可愛くてしかたがない。

写真写りもいつもいい。

 

 

それにしても長い1日でした…。

 

明日は遂に、托鉢で町を歩けると思います。

 

ではでは、また明日。

ໂຊກດີ

ラオスの仏教僧の備忘録(出家1日目)

サバイディー!

どうもラオスのジーコです。

 

いえ、今日からはラオスの修行僧ジーコですね。

 

 

今日遂に遂に、出家いたしました。

 

今日の出家の流れを書きたいと思います。

 

今日は13時にお寺に来てくださいと言われていたので、行ってみると

早速剃髪中のお坊さんがいました。

 

 

f:id:laomekong:20170707225354j:plain

というのも、今日はお坊さんみんなが月に1回髪を剃る日だったようです。

 

「うわー!まじかー!こんな感じになるんかー」と思っていると、

 

「これからすぐに、とりあえず髪を剃るので荷物を置いてきてください」とお寺に着いて3分も経たないのに言われました。

 

全然心の準備が、出来てないよーと思いながらも

剃髪スタートです!!(ぎゃーぼー!!)

 

f:id:laomekong:20170707223505j:plain

ちなみに坊主にするのは、たぶん3歳以来…

 

 

そうするうちに全て髪を剃られ、

余韻に浸る暇もなく、

次は出家の儀式のために和尚さんのもとへ

f:id:laomekong:20170707230219j:plain

 

まずは和尚さんにお供え物を渡し、3回お辞儀し、和尚さんの言うお経を繰り返して言います。(全然何言ってるかわからん…)

そして、袈裟を頂き、

f:id:laomekong:20170707223942j:plain

 

着させてもらい

f:id:laomekong:20170707224022j:plain

もう一度、お経を繰り返し、出家の儀式は完了。

 

これにてラオスの修行僧ジーコが出来上がりました。

f:id:laomekong:20170707224148j:plain

 

思った以上に、結構似合ってるんじゃないかと自分でも思ってしまいました。

 

ここまで要した時間は約40分

 

これからの修行僧ジーコ活動をお楽しみ下さい。

 

それでは、また。