読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メコンの流れのように

多様な価値観、1つの世界

保健教育雑談会ー良い保健の授業ってなんだ?ー(感染症予防接種編)

サバイディーສະບາຍດີ

どうも、ラオスのジーコです。

今回の記事からシリーズ『保健教育雑談会ー良い保健の授業ってなんだ?ー』をスタートします。

このシリーズでは僕(ジーコ)と日本の高校で保健体育の教師をやっている友達(シュン)が「良い保健の授業」を作るために実際にLINEで話し合った内容を元に会話形式で『良い保健の授業とは何か?』考えていきます。

実は僕は大学院で保健体育の教育学修士を修了しています。そして、特に保健教育について勉強をしてきました。現在もラオスの保健教育に携わっています。ラオスと日本の双方の保健教育を考えていくことで、保健教育に対する自分の中の考えが更に深くなっていることを感じています。

その考えを多くの保健教育に携わる方とシェアできればと思い、このシリーズをスタートすることにしました。

是非、僕とシュンと一緒に「良い保健の授業とは何か?」「健康とは何か?」を考えてみませんか??

それでは雑談開始です↓↓

シュン ジーコさん、ジーコさん、今回は授業で感染症の範囲をやろうと思うんですが、どうやっていきましょうか?何か良い案ありますか?

ジーコ 感染症か…。性感染症とかエイズとか、高校生にはやりにくい範囲だね…。

シュン そうなんですねー。高校生に性の話は難しいです…。けど感染症だけで教科書は3単元分もあるってことは重要なところなんですよねー。

ジーコ 感染症って一括りにされると結構範囲広いよね。『感染症』って言ってもインフルエンザとエイズとSARSとかの新興感染症じゃ全然予防法も違うしねー

シュン 感染症って高校生にとってあんまり身近に感じない分野だと思うんですよね。

ジーコ インフルエンザが一番メジャーかなぁ?けど、僕はあんまりインフルエンザの予防接種は勧めたくはないんだよねー

シュン え!?なんで勧めないんですか?予防接種打った方が健康的で良いんじゃないんですか?

ジーコ うーーん…。予防接種にも副作用の危険性もあるし、絶対に予防できるものでもないし、インフルエンザは死ぬような病気でもないし…、予防接種のメリットデメリットを考えるとする必要性は低いってのが僕の考えなんだよね。参考にこちらのサイトを読んでみて…『インフルエンザの予防接種に賛否!』

シュン そうなんですね…。けど、僕、こんな記事(『インフルエンザ予防接種ワクチンを打たない派の方へ』)を見つけたんですが、ジーコさんはこれを読んでどうお考えですか??この記事を読むと、予防接種を打つことの方がメリットがあるように思いますが…。

ジーコ うーん…。そうだね。色々な意見があるよね。僕は保健教育って、教師が『絶対にこうしなさい!』って言っちゃいけないと思うんだよね。しかも、賛否両論あることなら尚更。ネット上には色んな情報があるから、全てを鵜呑みにしないで、色々な角度から情報みて、情報を自分なりに取捨選択して、自分はこう行動していくと自分自身の意志で決めれるようになることが重要なんじゃないかなぁ。教師は生徒たちが自分自身の行動を自分で決めることができるようになるためのスキルや知識を提供する必要があると思う。

シュン ヘルスリテラシーを高めるってやつですね!ただこれをやりなさいと言われてやるだけの人間じゃなくて、自分で自分の健康に責任を持てる人材を育成していく必要がありますね。

ジーコ そうだね。あと健康行動って、時代や地域によっても変わるものなんだよね。例えば、感染症が流行していた時代や地域ならもちろん予防接種はとても効果的な健康行動になるよね。実際、僕も協力隊でラオスで活動するために、めちゃくちゃ色んな種類の予防接種打ってるからねぇ。日本人で狂犬病の予防接種受けてる人なんて何パーセントいるんだろうね?日本から出る予定もないのい狂犬病の予防接種を受けていたらバカだと思われるでしょ。それと同じでラオス人でインフルエンザ予防を受けている人は何パーセントいるだろうね?健康行動ってのは『常識や当たり前』というものと似ていると思うんだよね。

シュン 正しい健康行動ってものは、時代や地域によって変化するからこそ、自分自身で行動を決定する必要があるんですね。なんかまるで『自分の生き方』を考えているようですね。

ジーコ そうだね。『保健教育=人生教育』とも言えるかもしれないね。

シュン 確かに、、、健康を考えるということは、人生を考えることでもありますねぇ。健康行動を流されるままに行うことは、流されるままに人生を送るのと大して変わらないのかもしれませんねぇ。

ジーコ 前にブログ『知識なき行動は凶器であり、行動なき知識は無価値である。』って書いたけど、本当は子どもたちに行動させることが大切なのではなく、子どもたちが自分自身の意志で行動を決定させることが一番大切なんだなぁ

シュン 保健教育って奧が深いですよねー。あっ!良い感じに授業案が浮かんできました。ありがとうございます!また次もよろしくお願いします。

ジーコ こちらこそ、ありがとう!また一緒に考えよう!

【今回の会話のまとめ】 ・保健教育って、教師が『絶対にこうしなさい!』って言っちゃいけない ・大切なのは生徒たちが自分自身の行動を自分で決めれるようにすること ・健康行動は時代や地域によって変わる ・健康を考えるということは、人生を考えること