読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メコンの流れのように

多様な価値観、1つの世界

ラオスに行くなら必読!ラオスを舞台にしたマンガがあった!

サバイディーສະບາຍດີ

どうも、漫画は人生の教科書だと思っているラオスのジーコです。

皆さん知ってましたか?

ラオスを舞台にした漫画があるのを!?

その名も『ジャポニカの歩き方』

japonika

え…?ジャポニカ学習帳じゃないですよ!!

あらすじは

初めて訪れた海外でヒドイ目にあい『二度と海外には行かない』と決意した青海空土(あおみ・からど)。しかし就活に失敗しニートになってしまった空土は、バイト先で知り合った外交官・横溝(よこみぞ)に、年齢制限もなく特別な資格がなくてもなれる『在外公館派遣員』になるよう誘われ、何とか試験に合格、在ラオ日本大使館に赴任した。純日本人・青海空土の海外でのお仕事ライフが始まる!

ぼくも結構なマンガ好きで、色々なマンガを知ってる方だと自負していたのですが、

ぼくがこのマンガを知ったのはラオスに来てjicaのドミトリーの本棚で見つけたのが初めてでした。

不覚……。

ラオスに来るまで全く知らなかったマンガでしたが、今では何度も繰り返して読んでいます。

というのも、今までに何百タイトルものマンガを読んできましたが、僕の中では結構上位に入るくらい面白いんです!

そして、このマンガ面白いだけじゃなくて勉強にもなるんです。

もちろん、このマンガはフィクションでありこのマンガで出てくるラオ王国はラオスをモデルにした架空の国ではありますが、

ラオスに来る人の必読書と言っても過言ではないと思います。

なぜそこまで言うのかというと

①ラオスの文化や歴史、問題など分かりやすく説明されている

ラオス料理(カオニャオ、ラープ、ヨーチュンetc..)や観光地、伝統儀式(バーシー)などなど、『地球の歩き方ラオス編』にも書かれていないような情報も漫画の中で描かれています。

また、ベトナム戦争時のことや不発弾の問題などもリアルに描かれています。

ちなみにラオスは不発弾の数は世界一多いんです。そして今でも不発弾の被害は後を絶ちません(http://nantokashinakya.jp/member_reports/35_kimidori_laosvietnam02_01.php)。

ぼく自身、このマンガを読んで初めて知ったことが多くあります。

②ラオス人の国民性が忠実に表現されている

このマンガを読んでいると「あー、それ、わかるわかる」という、ラオスに住めばわかるラオ人あるあるが沢山出てきます。

特に主人公・空土の同僚のブウンがとても優しくて、ちょっぴり?いい加減なラオ人をよく表しています。

自分のカウンターパートもブウンのように考えたりしてるのかなぁなんて思いながら読んでいます。

③海外で働く事の苦難と喜びがリアルに表現されている

実際、青年海外協力隊として働く僕にとって、外交官として海外で働く主人公・空土に感情移入しながら読むことができました。

特に最終巻の成長した空土の言葉は、海外で働く人の苦難と喜びをリアルに表しているのと思います。(知りたい人はこちら)

なぜそこまでリアルにラオスや海外での働きについて描かれているのかというと、

著者の西山 優里子さんの父親が実際に外交官であり、西山さんは子ども頃ラオスに住んでいたそうです。

その実体験がこのマンガに、ふんだんに盛り込まれているわけですね。

ラオスというほとんどの日本人が知らないような国を舞台に、外交官というこれまたよく知られていない職業を取り上げたとてもニッチな作品ではありますが、だからこそ、響く人にはとても響くマンガになっています。

このマンガを知らなかった、ラオス、外交官、協力隊、NGOなどに関係するような人や興味のある方は是非読んでみて下さい。