読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メコンの流れのように

多様な価値観、1つの世界

努力と幸せは比例しない。

「あなたは何のために頑張っていますか?」

と聞かれたらなんと答えますか?

会社のため?

家族のため?

将来のため?

お金のため?

幸せになるため?

先日、何気にツイッターを見ていたらこんなツイートが目に入りました。↓ https://twitter.com/ORENO_URIMARU/status/752111869612027909

僕は今この筆者の出身国ベトナムの隣のラオスという国にいます。

たぶんラオスはベトナムよりも更に楽観的な暮らしをしている国なんじゃないかなと思います。

日中に道を歩けばトゥクトゥク(タクシー)のおっちゃんはハンモックで昼寝をしているし、バスは時間通りに来ないし、お昼から酒を飲むし、夕方になれば早々に仕事を切り上げてメコン川沿い散歩をしたり、ビールを飲みながらペタンク(カーリングみたいな遊び)をしているし…

ラオス来てから何度も「この国はなんてゆるいんだ…」と思いました。

それはもう、「もっと頑張ればいいのになぁ」と言いたくなってしまうくらいです。

IMG_20160723_144237

しかし、彼らの穏やかで楽しそうな顔を見ると、

もしかしたら、これでいいのかもしれない…。

そんなに頑張らなくてもいいのかもしれない…。

そんなに頑張らなくて幸せになれちゃうのかもしれない…。

そうな風に思うようになりました。

しかし、そんな風に思う僕もラオスに来る前までは

「頑張らなければ幸せにはなれない。幸せになるためには努力しなきゃいけない。」

と考えていました。

日本で暮らしているときはずっと親や教師、テレビから『頑張れば必ず良いことがある。幸せになれる』と言い聞かせられてきました。

そして、そのことを何一つ疑わずに生きてきました。

しかし、その考え方はどうやら少し間違っていたみたいです。

世界の真実は、

『頑張ったからといって幸せにはなれないし、幸せな人が頑張っているとは限らない。』

でした。

確かに、

何かを成すため、成功のためには、頑張りは必要でしょう。

しかし、成功=幸せではありません。

日本人の多くはそのことを勘違いしているのかもしれません。

頑張れば頑張るほど幸せになれるという比例関係ではなく、

頑張る事と幸せとはまったく違う軸上にあるのです。

日本人が頑張って頑張っても幸せになれないのは、その関係を知らないからなのかもしれません。

多くの日本人は「幸せになりたい」と言います。

しかし、そもそも「幸せ」はなろうとして『なるもの』つまり「結果」ではなく、今そこに『あるもの』です。

言い換えれば、「幸せ」=「人生」なのだと思います。

つまりは、今、生きていることそのものが幸せなのです。

だから、普段過ごしている中にも、頑張っている最中にも、何かに成功した瞬間にも、貧しい中にも、苦しい中にも、たとえ戦争の中でさえ幸せはあります。

ラオスやベトナムが幸せに見えて、物質的に豊かな日本が幸せにみえないのは、

日本人が今の幸せ(人生)よりも、将来の幸せ(人生)ばかり見て、頑張りすぎているからなのかもしれません。

幸せは頑張っても頑張らなくても、今、ここにあります。

だからこそ、最後にもう一度考えてみましょう。

「あなたは何のために、頑張っていますか?」

IMG_20160718_233957